雰語の時制と相

提供:雰界資料集
ナビゲーションに移動 検索に移動

ここでは、雰語の時制と相について解説する。

時制

雰語の単語は時間関係による語形変化をしないため、時制が存在しない。但し、助動詞により過去や未来の出来事であることを明示することが出来る。

  • 彼庵去居衆。:あの家には人々がいた。(過去)
  • 我来做訓働。:私は宿題をするつもりだ。(未来)

雰語では助動詞により相を表現する。

進行相

助動詞のを使って表す。主語がある動作をしている最中であることを示す。

  • 蒼仁現知数知。:蒼さんは数学を勉強している。

開始相

助動詞のを使って表す。主語がある動作を始めることを示す。

  • 開造餐。:料理を作り始める。

終止相

助動詞のを使って表す。主語がある動作を終えることを示す。

  • 汝終使雷網。:あなたはインターネットを使い終える。